普通は3〜4社が限界!

消費者金融からの借り入れは、3、4社になってくると、間違いなく審査が厳しくなったり、借りれないケースが増えてきます。
特に総量規制で、借りられる額が少ない消費者金融の場合は、最初の1社で、MAXまで借りてしまうと、2社目では当然、総量規制によって、利用枠が与えられないことになるので、お断りになってしまいます。

 

総量規制があるノンバンクと、規制対象外の銀行系では、やはり複数借り入れるのでも、全く状況が違ってきます。
ノンバンクの場合は、やはり年収の3分の1に限られているので、どうしても2社目や3社目は、利用枠が少なくなってきてしまいます。
そのため、ノンバンク1社目で十分な利用枠を貰えた場合、2社目を希望するのであれば、消費者金融ではなく、規制対象外の銀行系のカードローンを狙っていくのも良いと思います。
非正規にすると、やはり銀行系カードローンは、非常に敷居が高く感じてしまうので、躊躇う人もいると思います。
でも、消費者金融からまた借りてしまうと、総量規制で大した額を借りれないことになってしまいます。

 

1社目で消費者金融から十分な利用枠を貰えたのであれば、やはり、2社目は銀行系を狙って行きましょう!
2社目だったら、銀行系もそれほど悪い印象にはならないので、まだまだ借りやすい状況だと思います。

 

これが3、4社目の申込になってくると、もうさすがに消費者金融も大手の所だと、そろそろ危なくなってくる可能性があります。

 


銀行のカードローンは早めに決めよう!

消費者金融では多くの場合、HPにキャッシング審査の簡易判定が出来るチェッカーを用意しているケースが多いです。
年齢や借入件数を入力するだけで、審査がしてもらえる可能性を判断できるので、心配な人は申し込みの前に利用してみることをお勧めします。

 

そこのチェッカーでは、よく2、3社の借入だったらOKという結果が出ることが多いです。
ただし、さすがに4社になってくると、どこも「要相談」というような、ぼかした表現になってきます。
やはり、3社、4社となってくると、利用枠の規制がない、銀行系のカードローンの方が、本当は良いと思います。

 

ただ、非正規が銀行系のカードローンを受けるには、やはり銀行の審査の厳しさがありますので、出来るだけ早い段階で申し込みをした人が、審査に通りやすいと思います。
3社目とか4社目に銀行系のカードローンを申し込むと、多重債務者+非正規という条件で受けることになってしまうので、審査が当然厳しくなってしまいます。
銀行系のカードローンが欲しい人は、出来るだけ1社目か2社目で決めてしまう方がおススメです。

 

どっちにしても、4社以上の借り入れがある人は、相当返済が厳しくなってきますので、借り入れの申し込みを止めて、まずは1社でもいいから、完済をするようにしてみましょう。
これ以上借り入れを増やしても、借金を借金で返済することになってしまい、本当にきつい状況になってしまうと思います。