固定電話+携帯がベスト!

今はスマホや携帯だけで済ます人が多く、固定電話を持っている人が少なくなってきました。
でも、キャッシング審査の噂としては、ネットでよく言われているのが、「固定電話が合った方が、キャッシング審査には有利」ということ。

 

これは、管理人の経験として、ある意味正しいと思います。
正しく言えば、『固定電話と携帯電話を両方持っていること』が評価が高いのだと思います。
携帯電話は、いつでも簡単に電話番号を変えられるため、借り逃げを考えている人にとっては、便利なツールです。

 

携帯はいつの間にか、連絡がつかなくなってしまうケースも多いため、携帯電話のみしか連絡方法がない場合は、融資をするにはちょっと不安要素が残ります。
一方固定電話は、やはり連絡のつきやすさや、番号変更が滅多に行われないため、確実な連絡方法として好まれます。

 

会社だって、代表電話がもしも携帯電話だったら、ちょっと怪しいと思いませんか?
やはり固定電話に対する信頼感は、一般的に高いので、『固定電話と携帯電話の両方を持っていること』が一番安全性が高いといえます。

 

管理人の家も、固定+携帯電話を持っているので、これが意外にキャッシング審査で役立っていたのかもしれません。
固定電話を持っていなくても、それほど深刻に悩むようなものではないですが、ちょっとでも自分の信用を高めたいと思っている人は、固定電話と携帯を両方持っている方が良いかもしれません。

 


電話対応などもチェックされている!?

また、キャッシングの審査では、電話で直接話をした時の印象も、大きく影響しているという話も良く聞きます。
キャッシングの審査では、よく在籍確認などで電話がかかってくることがあります。
その時の印象が、利用枠の決定などにも影響をしているという話も聞きます。

 

管理人は、一般市民なので、そこまで深くはわかりませんが、元キャッシング業者に勤めていた人などのサイトを見てみると、やはり『人柄』というのは、確実に少ない電話のチャンスの中でも、見られているように感じました。

 

話し方が荒々しいとか、高圧的な感じだったとか、あまり良くない印象をもたれると、確かに審査に多少影響するかもしれません。
お互いに顔を合わせずに、お金の貸し借りの契約をするのですから、やはり声の印象も大事になってくるかもしれません。

 

相手に「嫌な人」と映ってしまうと、それだけキャッシングの審査では得にはなりません。
ごまをする必要はないと思いますが、やはりあまりにもしどろもどろの状態になってしまうのも、なんだか怪しく見えてしまいますので、適度にハキハキと答えられるようにしておくのも大事だと思います。

 

あんまりにも電話での対応が悪いと、いくら条件が良くても、「この人本当に大丈夫なのかな?」と疑問を持たれてしまいますので、非常に損だと思います。
普通にはっきりと話をしていれば問題がありませんので、無駄に緊張したり、変な見栄を張ったような会話は避けましょう。