年収だけ良くてもダメ!

キャッシングの審査に落ちた人の中には、年収が高い人もいます。
でも、ただ年収が高いだけでは、キャッシングやカードローンの審査に通るのは難しいです。
審査では、『長期に渡って返済できるか』を見定めるので、例え今だけ年収が良くても、『仕事が長続きしない』とか『支払いにだらしない』とかでは、やはり投資はしれくれません。

 

銀行や消費者金融は、返済を回収することが出来るかを見ているので、これまでクレジットカードの支払いが遅れがちになっていた人などは、いくら年収が良くても、審査が厳しくなってしまいます。
お金の使い方が汚いと、やはりそうした部分が、審査の時に、ボロとして出てしまう可能性がありますので、日頃から支払いについては、きっちり期日に支払いをするように心がけましょう。

 

ブラック扱いを受ける61日以上の滞納でなくても、毎回毎回、短期の遅延を繰り返していると、クレジットカード会社からの強制解約を受ける可能性がありますので、支払いの遅れには注意をする必要があります。

 

やはり支払いがしっかりできない人は、お金があっても融資をしてくれなくなってしまいます。
滞納癖がある人は、かなり気をつけないといけませんね。
非正規の場合は、特に支払いにクリーンな印象がないと、銀行などの審査が厳しいところでは通るのが難しくなってしまうと思います。

 

結局のところ、銀行も消費者金融も、返済さえしてくれれば文句はないので、年収が高かろうが低かろうが、支払いがきっちりしている人の方を好みます。


ブラックの行きつく先は闇金

万が一、ブラックになってしまった場合、住宅ローンは10年、クレジットカードは5年程度は審査が通らなくなってしまうと言われています。
信用情報機関には、5年程度記録が残りますので、勿論、キャッシングもカードローンも通りません。

 

これまで支払いが曖昧で、自分の信用情報に自信がない人は、一度情報開示情報を利用して、自分でチェックしてみることをお勧めします。
そこで滞納を表すAマークが沢山ついているようだったら、キャッシングは諦めるしかありません。
Aマークがいくつもついている状態では、どうしようもない状況です。

 

データは『契約期間中および取引終了後5年間』登録されますので、その間のキャッシング審査は、どれも落ちてしまいますので、申請をするだけムダです。
やはり、Aマークがついてしまうと、かなり致命的になってしまいますので、日頃からクレジットカードは勿論ですが、滞納をしないようにしましょう。

 

非正規はただでさえ、仕事や収入が安定しないイメージがあるのに、その上支払いもダメダメとなってしまうと、どこの消費者金融だって投資を渋ってしまいます。
銀行⇒消費者金融⇒クレジットカードのキャッシングときて、それでも審査が通らない場合は、もう闇金くらいしか借りる所がなくなってしまいます。

 

クレジットカードの支払遅延がある人は、クレジットカードのキャッシング機能も審査が通らない可能性が高いので、闇金以外で借りることが難しいと思った方が良いかもしれません。