携帯端末の分割払いに滞納はないか?

年収だって、クレジットカードの支払いだって全部問題がないのに、なぜかキャッシングやカードローンの審査が通らない。
そんな時に疑うべき原因の一つが、携帯端末の分割払いで、遅延経験がある人です。
最近は携帯端末の支払遅延で、ローンが組めなくなったりする人が多くなっています。

 

特に遅延の履歴は、5年間程度残りますので、最近は全く遅延をしていないとしても、過去に遅延が合った場合は、それを問題視される可能性があります。
つい1年くらいのことであれば、誰でも健闘がつくかもしれませんが、やはり3年以上も前のことになってしまうと、さすがに覚えていない人も多いと思います。
こうした過去の問題が、クレジットカードやキャッシングの審査ではかなり影響してくる可能性があります。

 

信用情報機関に登録される情報、審査に大きな影響を及ぼすと言われているのが、いわゆる未払いの『A』マークです。
これが3回連続で続く時には、金融事故として、要注意人物とされてしまいます。
この状態では、間違いなくローンやキャッシング審査は通りません。

 

例えAマークが3回つかなったかとしても、2個あるだけで、融資するには十分危険と判断される可能性があります。
Aマークが一つもないことが本当は望ましいですが、1つくらいの場合であれば、まだ何とか貸してくれる所は出てくるかもしれません。

 

しかし、銀行の場合は、かなり厳しいと思います。
Aマークが残っている場合は、やはり審査に落ちる可能性がそれだけ高くなります。

 


クレヒスは影響するのか?

携帯端末代金以外にも、やはりクレジットカードの支払い状況も審査には大きく影響します。
一方、ネットでは、「クレヒスがない人も落ちやすい」という噂が広まっています。
クレヒスというのは、クレジットカードの履歴のことを指します。

 

そして、審査で問題になってくるのが『クレヒスなし』ですが、一体何が問題なると言われているのでしょうか?
一見、クレジットカードに頼らないで、健全そうに見えますが、やはりある程度の年齢になってくると、クレジットカードを誰でも1枚くらいは持っている人が断然多くなってきます。
逆に、一枚も持っていないとなると、「自己破産でもしたんじゃないか?」と疑われてしまうことも。

 

これがクレヒスなしが、金融関係の審査でちょっとネックになると言われている原因だと思います。

 

しかし、実際には、キャッシングやカードローンの審査で、クレヒスがないことが、それほど大きな原因になるとは思えません。
口コミを見ていても、クレヒスがない人でも普通に借りれるケースはありますからね。
本当に自己破産していた過去があるなら問題ですが、そうでなければ、これまで現金でクリーンに生活をしてきたのですから、全く恥じることはないと思います。

 

金融事故以外の『クレヒスなし』だけで、審査が決まってしまうことはないと思います。
もしも審査に落ちたとしたら、他の部分で条件を満たしていない可能性があると思います。