非正規には有難い敷居の低いノンバンク!

キャッシングの定番と言えば、やはりノンバンクです。
プロミスやアコムといった消費者金融が有名です。

 

非正規でもお金が借りやすいため、金利は銀行系のカードローンに比べてかなり高めなのが特徴ですね。
しかし、銀行系のカードローンのように、年収300万円以上などの条件もつかないことから、年収の低い非正規でも審査に通りやすいです。

 

銀行の場合は、年収300万円以上がボーダーになっているため、それ以下の年収の人が申し込んでも、審査を通過する見込みは薄いです。
ただでさえ、銀行は自営や非正規には審査が厳しい傾向がありますので、まず年収で300万円以下の場合は、ノンバンクに狙いを定めることをお勧めします。

 

そして、ノンバンクの中でも、やはり銀行の傘下にある消費者金融は、ノンバンクの中でも比較的審査が厳しいという傾向があります。
これまで特に、クレジットカードや携帯端末の分割払いで、遅延が無かった人で、初めてのキャッシングだったら、基本的には落ちないと思います。

 

ただし、信用情報も問題なく、初めてのキャッシングなのに受からない場合は、次の条件を満たしていない可能性があります。
非正規がノンバンクでキャッシングをする際に、気をつけた方が良いと思うポイントは、『職場の在籍年数が短い』ことです。
ただでさえ非正規は正社員に比べて、あまり社会的な信用があるとは言えない立場ですが、特にそれが顕著になるのが、職場の在籍年数が短い場合です。


在籍期間が短いと審査が厳しくなる傾向

就職して2、3ヶ月とか、半年では、さすがに審査が優しいと言われているノンバンクでも、キャッシングをするのがかなり難しいです。
非正規はただでさえ、収入が途切れやすい印象がありますので、派遣先も大手の会社などの方が信用が高くなります。

 

更に、仕事について数か月でキャッシングの申し込みをするよりも、やはり1,2年以上働いている経験がある方が、審査は受かりやすいといえます。
また、ノンバンクの場合は、総量規制の対象になりますので、どうしてもキャッシング出来る限度額が、収入の3分の1になります。

 

このことから、自分が望む金額が借りれないこともありますので、注意が必要です。
年収が低い場合は、それだけ借りる金額の限界も少なくなります。
キャッシングは審査が通っても、必ずしも自分の希望額がもらえるわけではありません。
審査は通ったけど、利用枠については後になって減額される可能性があります。

 

ノンバンクは利用しやすいですが、総量規制の対象で制限があったり、年利が高かったり、少し難点もあります。
しかし、そこそこ年収がある非正規には、一番確実に借りれる場所なので、銀行のカードローンが無理そうな場合は、銀行のグループ企業になっているノンバンクの消費者金融から借りるのも良いと思います。

 

また、ノンバンクを選ぶときには、返済方法が便利な会社がおススメです。
自分で振り込まないといけない返済タイプは振り込みを忘れてしまいがちなので、自動引き落としになっている方が便利です。